マキタ 18V GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]● 充電式ハンドグラインダ 電動工具 【好評にて期間延長】

CKD セルバックス真空エジェクタ16mm幅 VSK-AH05E-888-PW,

キャラクター背面

ホールカッターミヤナガ ハイパーダイヤコア CPシキ セット 100 PCHP100(直送品),
鉄筋コンクリートの穴あけ作業に【ハウスビーエム】ハウスBM ダイヤモンドコアビット Cロッドネジ一体型ビット DB-80C,

事業内容

超硬ボールエンドミル【SALE】ユニオンツール ロングネックボールエンドミル R0.5×有効長2.5×φ4 ( UDCLB2010-0250 (280-4107) ) ユニオンツール(株),
CKD スーパーマイクロシリンダ SCM-00-63D-300-T2H-D-Z,

マキタ 18V 充電式ハンドグラインダ GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]● 【好評にて期間延長】

マキタ 18V 充電式ハンドグラインダ GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]●
こちらの商品は下記2点セットです。 マキタ 18V 充電式ハンドグラインダ GD800DZ (本体のみ) ×1 マキタ 18V スライド式リチウムイオンバッテリ BL1830B [3.0Ah] ×1 充電器別売
主要機能

最大砥石軸径 8mm 
(※φ8mm軸付砥石は市販品をお使い下さい。)
使用可能最大先端工具径 38mm 回転数 25,000min-1 [回転/分] 本機寸法 長さ402×幅82×高さ118mm 質量 1.9kg(バッテリ含む) 付属品 コレットコーン6・8(各1本) スパナ13(781039-9)(2本) 充電器別売 ※φ3軸付砥石を使用する場合は別売のコレットコーン3mm用が必要です。

マキタ 18V GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]● 充電式ハンドグラインダ 電動工具 【好評にて期間延長】

マキタ 18V GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]● 充電式ハンドグラインダ 電動工具 【好評にて期間延長】

マキタ 18V GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]● 充電式ハンドグラインダ 電動工具 【好評にて期間延長】

  • 3.00

    ヒトラーが一度も出てこない

    シガスカオ

    ハイドリヒと言えばヒトラーがヒムラーとともに寵愛した部下である。ヒムラーは流石にハイドリヒの直属上司みたいなもんだから出てくるけど、ヒトラーは一度も出てこない。写真では出てくるがそれも小さい。この映画の前年には『ハイドリヒを撃て』というエンスラポイド作戦(ハイドリヒ暗殺作戦)そのものがあったので、見てないけど、この映画はてっきりその作戦は小さく扱ってハイドリヒをもっと全面に出すのかなと思ってたら違った。原作があるのでそれに従ったのか、ともかくこの映画もエンスラポイド作戦がメインだった。ハイドリヒの実績が映画ではほとんど描かれておらず、滅茶苦茶優秀で頭が切れる男であり、とんでもない冷酷な男であった、というイメージがまるで描けていない。これでは単に怒りっぽくて、女癖の悪いだらしない男でしかないではないか。そもそも全然怖くないし。エンスラポイド作戦自体の描写は多少の映画的演出はあるにせよ、知りうる限りではわりと正確である。ヒトラーはハイドリヒ暗殺に激怒して、当初はベーメン・メーレン保護領を血の海にするくらいの粛清を命じそうになったくらいで、配下に押し止められて一万三千人の虐殺程度で済んだのである(それでもとんでもないが)。でもそれは、人命尊重じゃなくて、軍需産業の要の地域だったからだ。それくらいの寵愛をヒトラーに受けていたのに、この映画では全くヒトラーの気配すらない。そこをちゃんと描かないと、見てる方もただナチスが残虐だったというイメージしかわからないではないか。原作に引っ張られたとは思うものの、ハイドリヒの実像をもっと描いてほしかったし、やっぱヒトラーは出さないと駄目だ。ヒトラーこそがナチスの蛮行の中心に相違ないのである。近年は学術研究上でもヒトラーはそんなに影響なかったんじゃないかとも意見もあるらしいが、絶対にそれはない。いくら反ユダヤ主義が当時は普通だったにせよ、ヒトラーなくしてホロコーストは絶対にあり得ない。ハイドリヒを描いておいてヒトラーがいないって、出汁の薄いラーメンを食べているようなものである。でも描写は正確だから星3つ!

  • 3.00

    主人公がシフトしてまあまあの見応え

    中田慎司

    「ナチス第三の男」見ました。 タイトルの通りナチス時代のラインハルト ハイドリッヒのお話。 ドイツ海軍の若き将校のラインハルトくん。スキャンダルで海軍を追われ、ナチ党の妻をつてに親衛隊になっちゃいます。そこからメキメキ頭角を表しナチスで最も残忍な男として手腕を振るいますが、暗殺されちゃうお話。 前半はラインハルトのお話ですが後半は暗殺の中心人物ジャンとジョセフのお話にシフトしていきます。 日本タイトルの「第三の男」ってあるもんだからてっきりベルリンが舞台のヒトラーを含むナチス上層部のお話かと思いきあ、チェコが舞台でヒトラーの名前は出ても本人出てこない「ん〜あれ?」っと感じましたが、まぁこれはこれで中々見応えのある内容でした。 言うなれば、前半信長の話をして、後半は明智光秀のお話をして本能寺でガッチンコして光秀が死んじゃうまでのお話って感じです。 原題「The Man with the Iron Heart」のままの方がしっくりくるタイトルじゃないかなぁ

  • 3.00

    技術的問題について一言

    愚公移山

    本品の商品ページ(販売元:RAREWAVES-JP)では、Region 2で再生可能となっているが、配達されたDVDを再生しようとしたところ、何度試みても「再生できません」とのメッセージが表示された。所有するDVDプレーヤーはユニバーサル・モードのはずで、何が原因か分からない。販売元に怒りのメールを送ろうかと思ったが、その前に試しにパソコンで再生しようとしたところ、なんと再生できるではないか。作品の優劣を語る以前に、映らなければどうにもならないので、これから購入しようとする方々に、素人ながら経験を披露した次第だ。

  • 3.00

    暴力シーンとセックスシーンが好きな人向け?

    まー

    まーこんな戦争映画もあるかー、って最後まで見てたけど最後の戦闘シーンでモロアクション映画っぽくなってきてきたから「あー、やっぱそっち系の映画かぁー」と思てしまった。暗殺時の演出とか設定はリアルでよかった。

  • 3.00

    お勧めできるかというと微妙ですが、展開はなかなか斬新

    かめきち

    予備知識なしで見ましたが、やはりハインリヒに対して感情移入できる人はいないでしょう。そんな雰囲気になってきてからの大転換え?と思いましたがなかなか斬新な展開でした。得るものはありますがなんというか見たことによる心の損耗も気になるかと。

  • 3.00

    二部構成?

    リンデンベルク

    前半、ハイドリヒの半生を駆け足で描き、後半はそのハイドリヒを標的としたチェコ人暗殺チームを描くという、ちょっと変則的な構成です。そのため、ストーリーにしっかりとした「芯」が感じられず、結局登場人物の誰にも感情移入ができないのが難点ですね。題材であるハイドリヒ暗殺は今まで何度も映画化されているので、ハイドリヒ半生のパートで差別化を図ったのかもですが、二兎追うものはなんとやらという感じです。映画の出来自体はそれほど悪くなく、最後まで見られたので、星は三つとしました。

  • 3.00

    殺された時点で辞めた。

    こいけ

    ハイドリヒが主人公だと思ったけど、拍子抜け。

  • 3.00

    主人公が???

    聴牌

    これ、ラインハルト・ハイドリヒの伝記映画にしたかったのかわからないけど、前半めっちゃ雑。そして、後半、ハイドリヒの出番激減。というか、もう、内容が途中から、キリアン・マーフィー出演の『ハイドリヒを撃て・・・』と変わらないありさま。結局、ハイドリヒのことより、ナチスをたたきたかっただけの作品になってる印象。

  • 3.00

    知らなければ面白くないし知っていたら違う意味で面白くないとなるであろうもの

    nikorinbo

    よくは知らないし原作も読んでいない有名な「暁の7人」も「ハイドリヒを撃て」も見ていないと思うものが見ると前知識としてWikipediaくらい読んでおくとそれなりに楽しめる。でないと何がなんだかわからないうちに事が進んでいくので残虐性だけが印象に残るだけで(それでもいいのか)深いところを見逃すといった感じかな。この映画がどうこうというよりもこの史実を知れたことの方が大きいかもしれない。なんとなく知っていたが少しは知るきっかけとなるのかも。マニアが見ればそれはツッコミどころが沢山あるだろうし面白くないだろうね。そして唐突に「マラソン マン」を見てないと思い出してしまった。

  • 3.00

    暁の七人で良かった

    kyosaido

    まあ表題通りですね。暁の七人が好きで原作読んだりもしていたので懐かしさで購入。もちろんハイドリヒを撃ても見てましたがそちらは若干弱かった。前半のハイドリヒの立志伝みたいな部分は冗長で無駄な描写も多かった。方や暗殺事件を描いた後半はまさに暁の七人へのトリビュートかと思える内容でぐいぐいと引き込まれる。映画二本をくっつけてしまったという感じは否めないかなと思いますが原点となった作品をご覧になってない方は楽しめるのではないでしょうか

マキタ 18V GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]● 充電式ハンドグラインダ 電動工具 【好評にて期間延長】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

マキタ 18V GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]● 充電式ハンドグラインダ 電動工具 【好評にて期間延長】

  1. ホーム
  2. 電動工具
  3. マキタ 18V GD800DZ+バッテリBL1830B[3.0Ah]● 充電式ハンドグラインダ

事業内容

概要

高品質・高精度なプレス金型の製作を国内でも海外でも
マイティミズタニが実現した知識集約型の金型製作が自動車産業のグローバル化に貢献

 グローバルに展開する自動車産業界が求めるのは、高品質・高精度なプレス金型の迅速な調達。そのためにマイティミズタニでは、知識集約型の金型づくりを確立。設計・製作からトライアウト・調整の各工程で得られる情報を一元化し、完全データベース化。インタラクティブなネットワークの構築により、国内外を問わず、同一の製品づくりを可能にしました。自動車産業の未来を無限に拡げています。

概要イメージ

情報の集約

蓄積された知識と技術をデータベース化強みは全社的なノウハウの共有
作業効率が加速する想像力が飛躍する

 乗用車のボディは、用途や部位により、強度や精度が異なる数千点の部品で構成されています。その金型製作には、あらゆる材料のあらゆる加工条件に、いかに適確に迅速に対応できるかが求められます。マイティミズタニは、CAEやCADといった最先端のシミュレーション技術を駆使し、成形性や塑性加工条件などを徹底検証。情報をデータベース化し、製作スタッフが共有。金型設計の高度化を図っています。

情報の集約イメージ

生産・加工・仕上げ

機器・システムをつねに一新
高度化・多様化するニーズへの即応が信頼と新たなニーズに結びつく

 高度で創造性に富んだ設計を、忠実に金型へと再現する。そのためにマイティミズタニは、社内LANによる情報ネットワークを使い、ロスのない最高スピード加工とフレキシビリティの高い生産システムを確立。

 NC工作機械や大型の門型マシニングセンター、形状加工機といった最新の機器とシステムを投入し、高速かつ高品位な金型製作を可能にしています。その実績は、自動車産業界の新たなニーズを生んでいます。また、組付け・仕上げを終えたトライアウトの工程では、実際の生産ラインを仮設。自動搬送による加工部品は、トランスファープレスによって最終調整を実施しています。

生産・加工・仕上げイメージ

品質保証

業界に先駆け非接触3D測定システムを導入
高い個人の技能と先進技術の一体化が更なる品質向上を実現

 各工程で課せられる技術的ハードルをクリアして、初めて打ち出されるトライアウトのパネル。マイティミズタニは、わずかな誤差をも検知する非接触3D測定 システムを用い、パネルを測定・検証。徹底した検査体制により、妥協なき金型製作を実現しています。

 個人の技能だけに頼らない。長年培われた高い技能を先進のシステムの中で活かしていく。このいち早い転換が、新しい技術を生み、業界をリードする高品質へと結びついています。2003年には、 ISO9001 の認証を取得。品質への飽くなき追求はこれからも続きます。

  • 3Dカメラで撮影
    3Dカメラで撮影
  • 点群データ作成
    点群データ作成
  • 点群データとCADデータの照合①
    点群データとCADデータの照合①
  • 点線データとCADデータの照合②
    点線データとCADデータの照合②
  • カラーマップで誤差の解析
    カラーマップで誤差の解析
  • 結果をもとにCADに反映
    結果をもとにCADに反映

技術紹介

製造業の基礎「金型」

 製造業の基礎であり、製品の品質を左右するコア技術である金型。金型の良否が製品の良否を決定づけるといっても過言ではないほど、製造業において重要な役割を果たしています。それゆえ、実際の製造現場では1つの金型を作り上げるのにミクロンどころかナノ単位での調整に苦心する場合も多々あります。

 非常に高レベルな精度と品質が求められる金型ですが、こうした苦労も、設計の精度を上げることができれば少なからず解消できるのではないか。一連の工程に大きな変革をもたらすことができるのではないか…。

 デジタルエンジニアリングのメリットを最大限に活かしたマイティミズタニの金型製作。その発想の原点が、ここにあります。

世界品質の金型製作へ

 自動車産業のグローバル化、競争激化が進み、金型製作においてもますますスピードとコストが問われる時代となってきました。高品質・高精度のみならず、ニーズに的確に応えるスピードと対応力をつけるためにも業務の効率化は欠かせません。

 そして、これを実現すべく、いち早くノウハウのデータベース化に取り組んだマイティミズタニ。知識・技術の集約と全社的な共有を基盤に、より創造性に富んだ設計、そしてそれを忠実かつ迅速に再現する金型製作によって世界品質の金型製作を追求しています。

 当社では飽くなき研鑽と探求により、自動車産業をはじめとする未来の金型製作に貢献していきたいと考えています。

世界品質の金型製作へイメージ

1〜3日にて発送しますリョービ(RY0BI) 電子トリマ TRE-60V 軸径6mm 628616A